【2001年頃からシナ&チョンジンをマッタリ(ムッツリ)とサランヘしてマス】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JUNJIN Last Concert 2009&旅日記 【完】
またずいぶんと間があいてしまいました。

曲順(セットリストと言うべきか)を殆ど覚えてなくて
【チョンボニラド】で始まり、【愛が来ないです】で終わったのだけは覚えてます。
つか、アジアツアーの最後なので、内容としては中国や台湾でやったのと同じだったのかな。
【愛が来ないです】で〆るあたり(去り方など)も、日本の時と同じだった気がします。

あ~どうしよう。やっぱりこんなんじゃレポれるわけがない(笑)

ということで、やはり今回も【あの時、その時思ったこと】メインで行こうと思います。

まず、初日の9/26ですが、ドレスアップした方がチラホラ目に付きました。
私達の目の前の席には、黒のスーツをシャキッと着こなしたキム・ボム似の男子と、
黒のワンピースの女子のカップルが座ったので、お友達と「お葬式の帰りかな」とか言ってたんですが(笑)
実は、韓国のじんちゃんのペンサイト(かな?)で、「10年間ペンでいる人はドレスアップして行きましょう」
という運動をしてたようなのです。これは、コンサ中にじんちゃんも触れていたのですが、(ペンサイトを見て知ってた模様)
韓国のお友達が一緒じゃなかったら聞き取り不可能でした。
お友達が説明してくれた後、なんだか感動して涙が出そうになりました。
目の前の「お葬式の帰りカップル」が、突然、とてつもなく素敵なカップルに見えました。
彼のほうも彼女に合わせてスーツで同伴してくれたってことだよねぇ素敵すぎる。

最終日はドレスアップした子が見当たらなかったけど、あれは初日だけの計画だったのかな?
日本では経験できない出来事だったので(10年も好きでいるペンがほぼ皆無なんじゃないかと…)感激いたしました。

初日はけっこう色んなことがあって、赤ちゃんを抱っこしたママがステージに駆け寄って、
じんちゃんが赤ちゃんを可愛がる様子も見れたりしました。
(他の方のレポを見たら、赤ちゃんが薔薇の花を持ってて、それをじんちゃんが受け取ったそうです)
神話のデビュー当時からずっと好きだったペン(当時、中高生だった子達)も、すっかり大人の女性になり、
今や赤ちゃん連れだったり、彼氏や旦那さんと一緒にじんちゃんに会いに来る。
じんちゃんもそーゆうことをとても喜んでいるようでした。



ところで、今回思ったのは、やはり韓国は座りde観覧が普通なのですね。
初日はアンコール以外はずっと座りっぱなしでした。
バラードなら良いけれど、あのじんちゃんのダンスが目の前で繰り広げられているのに立てないって、
拷問に近かったです(笑)座ってペンライトを振ってるだけじゃ~ストレスがたまりまくりでした。
最終日は、ダンス曲では立ち、バラードやMCでは座るを繰り返してました。
なので、初日はじんちゃんの「顔」ばっかり見てた気がします。
とにかく「見納めだ」と思って、しみじみ見て来ました。

話しは飛んで、ゲストの話になりますが、初日は前座で"XING"という7人組の子達。

o0492049410199604919.jpg
私ははじめて知ったグループだったのですが、お友達と「かわいい~特に真ん中」とキャッキャッ言いながら見てました。
ミーハー万歳。

そして途中でV.O.Sが登場。
正直、この時の歓声は、じんちゃん登場時よりすごかったです(笑)
で、またもやこの方々を知らなかった私なのですが…
曲は聴いたことがありました。


Beautiful Life/V.O.S

その後はドンワンが登場。この時の「ギャーーー!」度も半端なかったです。
一応、兵役中の身なので、歌うことはなく挨拶だけ。
登場するなり「話さないで下さい。うるさいですので…」と日本語で話し始めました(笑)
「今日のことは内緒にして下さい」って言ってたようです。軍人だからってことらしい(←言っちゃったけど(笑))
5分いたかいないかぐらいの短い時間だけステージで話して去って行ってしまいました。

そして最後のゲストはじんちゃんのビリヤード友達(らしい)の歌手の方でした。
この方も知らず…韓国のお友達に聞いたけど彼女も知らず…
だけど歌唱力は半端なかったです。かなり引き込まれてしまいました。

さてさて、最終日のゲストはチョ・ソンモ。
実はこの日、水分を取りすぎていたため、トイレに行きたい度がMAXに
チョ・ソンモさんの一曲目はトイレで聞いてました。

その後のゲスト紹介の際、じんちゃんが「昨日はドンワンが来たんだけど」と話しはじめ、
客席からは「エリック!」や「ミヌ!」などの声が上がったものの、じんちゃんは否定し続け、
長~いMCの後、「準備ができたようです」とゲストを紹介。
出て来たのはミヌでした。(あの妙なトークの長さはミヌの到着(または準備)が遅れてたからなのか?)
この時ばかりは私もハッスルタイム突入でした。
ステージ前まで駆け寄ったペンも沢山いました。
曲は二曲。(タイトルは分かりません…
トークでは、自分も10月にコンサートがあるので、チョンジンをゲストに呼ぼうかな(本当なら羨ましい)だとか、
人のコンサートでゲストで歌ったことは今日が初めてだ、だとか言ってたと思います。
(韓国語初心者のリスニング力ですので間違いがあったらお許しを…)
ミヌは、アンコールでじんちゃんと「うしゃうしゃ」を歌いました。

話しはあちこち飛びますが、今回、じんちゃんにプレゼント(@Tシャツ)を用意していたのですが、
韓国にはプレゼントBOXなんてものがなかったので、最終日にグッズ売場のお兄さんにたどたど韓国語で聞いてみました。

「チョヌン…イルボンペン インデヨ…チョンジンシエゲ ソンムル…ジュゴシッポヨ…」
ここまでなんとか伝えると、お兄さんが「僕たちが渡すことはできないんですよ」(たぶんそんなことを言ってた)と。
そっか…と諦めてたその時、「アンコールの時にステージの前まで行って渡してもいいんですよ」と教えてくれたのです。
私のリスニング力なので何かの聞き間違いかもしれないと思い、「チョヌン…ハングンマル…モッテヨ…英語ド…ケンチャナヨ?」
で、簡単な英語で「アンコールの時に渡してもOKってことですか?」と聞いたら"YES!"というので、
"How?"と聞いてみたならば、「ステージの前へ行って」というようなことをやっぱり言うので、
「カムサハムニダ」とドキドキしながらお礼を言いました。まじで????

確かに、初日のアンコールではステージ前に人がたくさん移動してたんですよ。
私も「愛が来ないです」の時に居てもたってもいられなくなり、お友達に「前に行ってもいいの?」と聞いたら、
「行っておいで~」と言われて、前から3列目ぐらいの通路のところで見れたんです。
最終日は殺到するだろうなぁ…と覚悟して、アンコールになったらステージ前に走りました。
隅っこのほうだったので、「殺到する」というようなことはなかったのですが、あっちからこっちから押されて落ち着くまではちょっと大変でした。
まぁ無法地帯状態だったし、あーなってもしょーがないっちゃしょーがない…
しかし、ステージの高さもあったし、プレゼントを渡すにはちょっと無理がありました。
なので…プレゼントは諦めて、最後の間近のじんちゃんを楽しみました。

ここで一つ念のため謝罪。
私が移動した場所には日本のペンの方が多かったのですが(日本語を話してる人が多かったから)
もし、なんかやらかしてたらごめんなさい。(足を踏んだりなどモロモロ)

もう、ホントにドタバタと色々あったのですが、そう言えば、最終日に私の隣りの席に一人でいた方…
日本人だったのか、いや、でも日本語の発音が微妙だったので、日本語と英語のちゃんぽんで話しちゃったのですが、
荷物の多い私を気遣ってくれて、たどたどっぽい日本語で「ここに置いたら広く座れるよ」と、
じんちゃんのプレゼントが入った袋などを椅子の横に置いてくれました。
(最初、背中の後ろに置いてて、前のめりになってたんです(笑))
顔も日本人じゃないような印象を受けたので、なんとなく"Thank you"なんて言っちゃったけど、
コンサ前でソワソワしてたのと、緊張で、ちゃんと対応してなかった気がしちゃって、
アンコール後に席に戻ってからまたお礼を言おうと思ってたらもういませんでした

その節はありがとうございました

なにげに私のまわりは「お一人様」が多かったです。
もう一人、日本人らしきお一人様もいらっさいました。(携帯で判断)
話しかける勇気さえあれば…とコンサ後にいつも後悔します。
隣りの方とも、荷物の流れで話しを続ければ良かったものの、お礼を言っただけで、
またいつものように一人の世界にこもってしまいました
これじゃジニペンさんとお友達になれるわけがないです
こんなに長いことジニペンをやってて、今まで一人もジニペン友達がいなかったのも、
こんな性格だからしゃーないんだなとソウルまで行ってやっと理解できました(笑)

さて、話しをじんちゃんに戻そうと思います。(長くなっちゃったし、そろそろ〆なければだし)
今回、ラストってことで、じんちゃんはまた泣くんじゃないかって思ってたのですが、
意外にも最後まで泣きませんでした。とゆーか、そーゆう雰囲気に持って行くのを避けてた気がします。
泣いてるペンに「泣かないで」って声はかけていたものの、自分は最後まで泣かずにいました。
ファーストコンin日本での号泣&(行ってないけど⇒)ファーストコンin韓国での涙は貴重だったのかもしれません。
ラストコンは、私の目には最後まで明るいじんちゃんでした。
(ブロガーさんによっては、泣きそうなのを我慢していたように見えた方もいらっしゃるようでした

入隊が12月との話もあるようですが。
最後に韓国でのじんちゃんを見れて本当に良かったです。行く決意をしてよかった。
母国でのじんちゃんはとても新鮮でかっこよかったです。
日本や中国から来てるペンのために、カタコトの日本語や中国語でお礼を言ってくれたり、
お客様状態の日本では見ることのできない、また違った情にあつい男前なじんちゃんを見れた気がします。

これから2年ちょっと…当分会えなくなってしまうのかもしれないと思うと寂しいけど、
私はこれからも変わることなく、ノンビリとじんちゃんが戻ってくるのを待とうと思います。
(サイン会の噂が本当ならまたソウルに行っちゃうけど…(笑))

じんちゃんに会う度に思うこと。それは…

じんちゃんを好きで本当に良かった

またまたむやみに長くなってしまいました
ご清聴、ありがとうございました。


愛が来ないです(9/26のfancamより)

この記事へのコメント
127. Mickey   URL  2009/10/13 15:14 [ 編集 ]
読んでて楽しかったです(笑)~はるばる韓国まで飛んだ甲斐がありましたねっ☆!2年後の復活コンに向けて今から準備ですね!(o^∀^o)
一人で行動してても、周りが良い人で良かったですね~♪私もまた行きたいな★
128. キリ   URL  2009/10/13 18:18 [ 編集 ]
本当に韓国まで行く決意をして良かったです
Mickeyの言葉にもだいぶ励まされたんですよ~
ありがとう。

じんちゃんの2年後の復活コン、またはシナの復活コンのどちらかには必ずまた渡韓したいです
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://kiri01jini01.blog19.fc2.com/tb.php/311-397c9c78
Today's Music

Profile

KiRi(キリ)

Author:KiRi(キリ)


神話(その中でもチョンジン大好き)
BIGBANG
2NE1
…などをヒイキしてます。
ヒイキの対象は驚くほど変わります(笑)
何故か変わらないのはじんちゃんだけ。

このブログは、文字のサイズを「最小」に
合わせて改行などを行っております。
文字のサイズを「小」以上でご覧になると
見づらい可能性大カモしれません。
何卒、ご了承下さいませ。

☆ここでの主な登場人物★
じんちゃん=チョンジン
須田くん=SS501のヨンセン
※ヨンセンは「かわうそ」に似ている
と言われておるそうで、
「かわうそ」は韓国語で「すだる」
すだる→すだ…る→須田へ…
(@あゆみん命名)
えらく気に入っております。

☆メール大歓迎デス☆

名前:
メール:
件名:
本文:

シナペンさん&ジニペンさん
チラッ(゚ω|壁|ω゚)チラッ
カモ~ン!

お気に入りサイト一覧
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。